「ふるさと創生、大くるめ構想」に向けて
 少子高齢化社会と働きがいのあるふるさとづくり

 私は、平成27年から2年間、福岡県議会「住・ひと・しごと創生調査特別委員会」の委員長として、産業振興、雇用の創出、地域活性化、移住・定住の促進など人口減少と地方創生に関する総合的な政策に取り組んできました。
 日本の人口は2010年の1億2800万人をピークに減少の一途をたどり、50年後には8700万人と少なくなります。久留米市も同様で合併時30万5000人だった人口が50年後には18万8000人と推計されています。
 こういう状況の中で、ふるさと久留米はどう創生を図るか。それは、地域の特性を活かして魅力ある雇用の場を作ることに他ならないと考えます。


筑後川の環境と農業に、しっかりと軸足を置く

歴史の中で育てられてきた産業を認識し直す

高度医療などの久留米の特徴をきわだたせる